MENU

育児・障がい・エイジレス雇用の国内推進を目的として、
  受け入れる企業側に適正な雇用環境の整備を行っています。

一般社団法人日本雇用環境整備機構:JapanEmploymentEnvironmentImprovementOrganization

03-3379-5597お問い合わせ

育児とお仕事:ChildCare

育児と仕事の両立

近年、育児と仕事の両立を目指す女性が増えてきていますが、相当のスキル・キャリアを有しながらも、子供がいるという理由だけで就業が難しいのが現状です。育児中女性にも優しい雇用環境は整備されていますか。

障がい者就職:Chalenged

障がい者雇用問題

障がい者雇用促進法に基づき、法人は一定比率の障がい者を雇用する義務があります。障がい者が働きやすい職場環境は障がい者以外の方の働きやすさ にもつながります。障がい者が活躍できる職場環境の整備はできていますか。

エイジレス転職:Ageless

エイジレス(35歳以上)採用

高度なスキルと経験を有する35歳以上の雇用機会を促進させることは日本の社会経済の発展につながります。能力重視の採用基準が確立できれば年齢不問(エイジレス)社会が訪れます。年齢を採用基準としていませんか。

News & Topics一覧を見る

NEW「雇用環境整備士資格講習会」夏季開催決定
NEW「発達障害の人の採用・雇用管理のために知っておくべき知識養成講習会』開催
NEW平成29年法律改正対応版『雇用主が知っておくべき個人情報保護法改正の解説とポイント講習会』開催 
育児・障害・エイジレスのマッチングWEBサイトを無料公開しました
育児・障害・エイジレス雇用の専門求人サイト。どなたでもご利用できます。また求人広告料はいただいておりませんので、無料で求人募集掲載できますので、人材をお探しの企業担当者各位はご利用ください。
「発達障害の大学生のためのキャンパスライフQ&A」販売開始
発達障害のある大学生が感じる学生生活のとまどういと、就活への不安にこたえる72問。大学入学から就職活動まで、学生生活でつまずきやすいポイントをQ&A形式で徹底解説。
発達障害の人の学生生活――。「決まったクラスがないので不安」「困ったときに助けを求められません、誰に支援を求めたらいいでしょうか」「サークル活動で孤立してしまいました」「就活の進め方がわかりません」「家族はどのようなサポートをすればいいでしょうか」など、就職課をはじめとする大学関係者や発達障害の人のための一冊。
当事者および家族、支援者、企業の人事担当者、大学関係者に向けて本機構理事長の石井京子が解説する1冊です。支援者必携本、シリーズ第9弾。
『平成28年度第2回雇用環境整備士資格(第Ⅰ種~第Ⅲ種)講習会』質問と回答
当日受講者からの質問と回答を公開いたしました。
雇用環境整備士名簿の公開(H29年3月版)公開
本機構の定める講習会を修了または本機構の定める資格試験に合格し、育児者・障がい者・エイジレス等の対象者の公平な雇用機会促進に努めるための法律・実務に関する知識を有する者と認定され、登録された「雇用環境整備士」の名簿です。
名簿掲載者は雇用環境整備士資格者証を有していることを証明し、育児・障害・エイジレスの雇用促進と適正な職場環境の整備に努め本機構の主旨に賛同した資格者であることを証明します。また、名簿掲載各事業所には専門知識を有する雇用環境整備士が設置されているということでもあります。
『今月の雇用環境整備 適正事業者認定を取得した法人』
公益財団法人がん研究会(東京都:第1種/第2種/第3種)

一覧を見る

情報交流制度

雇用環境整備

お仕事探し・学び

*情報交流制度の加盟員には毎週無料で配布いたします。

*育児・障害・エイジレス専門の求人ザイトです。求人広告は無料で掲載できます。

ページトップへ