設立趣意書
機構規則
本機構へ加盟するには(法人・個人)
雇用環境整備士になるには
公開資料







【受付時間】
午前10:00〜午後17:00

適正な雇用環境整備事業者の認定と
 育児・障がい・エイジレスの環境整備企業への
   就業支援を公益的に推進しております。


平成28年度第1回 『雇用環境整備士資格(第1種〜第3種)講習会』 の開催が東京・大阪・福岡で7〜8月に決定しました。
 >>詳しくはこちら

育児者雇用・障害者雇用のために使用者が知っておくべき知識養成講習会を開催します。
  >>詳しくはこちら

派遣法改正に係るキャリア形成支援対策用の『e-ラーニング・システム』あります。全社員(派遣会社に限って全スタッフ)が無料でご利用・ご活用できます。
 
 >>詳しくはこちら




育児と仕事の両立
 近年、育児と仕事の両立を目指す女性が増えてきていますが、相当のスキル・キャリアを有しながらも、子供がいるという理由だけで就業が難しいのが現状です。育児中女性にも優しい雇用環境は整備されていますか。
障がい者雇用問題
 障がい者雇用促進法に基づき、法人は一定比率の障がい者を雇用する義務があります。障がい者が働きやすい職場環境は障がい者以外の方の働きやすさ にもつながります。障がい者が活躍できる職場環境の整備はできていますか。
エイジレス(35歳以上)採用
 高度なスキルと経験を有する35歳以上の雇用機会を促進させることは日本の社会経済の発展につながります。能力重視の採用基準が確立できれば年齢不問(エイジレス)社会が訪れます。年齢を採用基準としていませんか。




*情報交流制度の加盟員には毎週無料で配布いたします。


*情報交流制度の加盟員は無料で使用できます。


平成28年度第1回『 雇用環境整備士資格(第T〜V種)』講習会を東京・大阪・福岡で開催
育児・障害・エイジレスの雇用に関する専門知識者である雇用環境整備士になるための資格講習会です。本講習会を受講し、知識を取得したと認められる者を整備士として認定いたします。雇用行政担当者、企業・団体の管理職及び人事総務担当者の方々は是非受講してください。また、企業・団体内に専門知識者である雇用環境整備士を設置いただけますよう併せてお願いいたします。

『発達障害の人の雇用管理・雇用定着のために人事担当者及び支援者が知っておくべき知識養成講習会』
発達障害には自閉症・アスペルガー症候群やADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)等があることが知られています。知的に遅れはなく、学校の成績も優秀だけれども、特性から職場で課題を抱えやすい当事者の事例を取りあげ、人事担当者・支援者が知っておくべき発達障害の特性と雇用管理についての解説及び就業定着のために知っておくべき必要な知識と対応を中心に解説します。平成30年度に予定される精神障害者の雇用義務化に備え、精神障害者・発達障害者の採用への対応準備等についても解説します。支援者のみならず、障害者雇用に関わる役職員・管理者・総務人事担当者、発達障害医療関係者、精神科デイケアや就労支援機関などの支援者に向けた知識者養成にも対応した講習会です。

『精神障害者・発達障害者の雇用について使用者が知っておくべき知識養成講習会』
平成30年度に予定される精神障害者の雇用義務化(法定雇用率の大幅アップ)を見据え、精神障害者の雇用促進・定着が急務ですが、本年4月施行の障害者差別禁止・合理的配慮提供義務は、障害者手帳を所持していない障害者にも適用されます。また、発達障害には自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群等)やADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)等があり、知的に遅れはなく、学校の成績も優秀だけれども、その特性から職場で課題を抱えやすいにもかかわらず、本人に障害の自覚がない方や、障害をオープンにしていない方が少なくないと言われています。したがって、精神障害者・発達障害者の雇用を適切に行うためには、従業員全般に対するストレスチェック、メンタル不調者対応等のメンタルヘルス対策を適切に行うことが重要です。本講座では、精神障害・発達障害の従業員の雇用促進・定着のために人事担当者・支援者が知っておくべき知識と対応について、従業員全般に対するメンタルヘルス対策との関連性も踏まえて解説します。

-健康保険法・雇用保険法・育児介護休業法等改正- 『雇用主が知っておくべき育児者雇用のための法改正における知識者養成講習会(労働法・社会保険法)』
平成28年10月から「短時間労働者に対する被用者保険の適用拡大」が施行され、週20時間以上勤務し、年収106万円以上は健康保険・厚生年金に加入することになりました。企業においても雇用変化を余儀なくされると思われます。このような背景から人事・総務担当部局者の法改正知識者が必要になり、パート労働者の上手な対応を行っていただくために、本講習では使用者が知っておくべき法改正概要と関係法令解説及び本機構では育児者を使用するために知っておくべき社内知識者の養成に主眼を置き講義します。
雇用環境整備士名簿の公開(H28年3月版)
本機構の定める講習会を修了または本機構の定める資格試験に合格し、育児者・障がい者・エイジレス等の対象者の公平な雇用機会促進に努めるための法律・実務に関する知識を有する者と認定され、登録された「雇用環境整備士」の名簿です(掲載・公開を希望する者のみ)
名簿掲載者は雇用環境整備士資格者証を有していることを証明し、育児・障害・エイジレスの雇用促進と適正な職場環境の整備に努め本機構の主旨に賛同した加盟員であることを証明します。また、名簿掲載各事業所には専門知識を有する雇用環境整備士が設置されています。
『平成27年度第2回雇用環境整備士資格(第T種〜第V種)講習会』質問と回答
当日受講者からの質問と回答を公開いたしました。
発達障害の人の内定ハンドブック販売開始
大人の発達障害の人の就活――。「社会に出る」、そのはじめの一歩でつまずかないために。
発達障害を抱えながら就職活動をするとき、知っておきた身だしなみのマナーからブラック企業の見分け方まで、内定に必要な就活メソッドが一冊に。さらに、就労移行支援事業所をはじめとした発達障害の人のための就労支援の仕組みも解説。『発達障害の人の就活ノート』がより実践的な内容で生まれ変わりました。
当事者および家族、支援者、企業の障害者雇用人事担当者にとって、発達障害の人が「内定を取って働く」ために本機構理事長の石井京子が解説する1冊です。当事者、家族、支援者のための必携本、シリーズ第7弾。。
「発達障害のある人の就労支援」販売開始
発達障害のある人の継続的な就労を実現するために必要な、適切なジョブマッチングのあり方、企業に求められる理解と支援、社会に出る前段階で求められる大学等での支援などを、現場の事例を交えて紹介しています。
◎機構理事長の石井京子氏が執筆した題目

『高機能群の発達障害者の就労支援の課題』
『平成27年度第1回雇用環境整備士資格(第T種〜第V種)講習会』質問と回答
当日受講者からの質問と回答を公開いたしました。
「産業医と発達障害の人のキャリア&ライフBOOK」販売開始
同僚の話す冗談が理解できません、わたしは発達障害ですか?
発達障害には明確な診断基準が確立されておらず、その特性も個々に異なるため、成人しても当事者に自覚がないことが多いと言われています。しかし、ひとたび職場という社会に出た途端、コミュニケーションの苦手さから問題を抱え、うつ状態になり産業医や心療内科のもとを訪れたところで発達障害に気づくケースがあります。正しく大人の発達障害と向き合うため、産業医やリワーク施設との想定問答集、当事者が受けられる支援制度の仕組みを概説し発達障害の人の安定したキャリア形成の一助となるよう機構理事長の石井京子が解説する1冊です。支援者・管理者に向けて執筆された必携本。
『雇用環境整備/適正事業者認定制度』第T種(育児者雇用)の受付開始いたしました。

『雇用環境整備/適正事業者認定制度』パンフレットはこちらから取り出せます。

『平成26年度第2回雇用環境整備士資格(第T種〜第V種)講習会』質問と回答
当日受講者からの質問と回答を公開いたしました。
「発達障害の人が活躍するためのヒント」販売開始
障害を職場の「壁」にしないために。
発達障害者当事者が安心して社会に出るために就労支援者として知っておくべき知識、企業の人事担当者は多様な人材を活用するために知っておくべき知識、産業医は休職・復職のアドバイスのために知っておくべき知識や事項及び留意点を解説したシリーズ第5弾。
支援者の方々や人事担当者のみならず、障害者雇用に関わる役職員・管理者・総務担当者に向けて、円滑な当事者サポートができるように事例を取り上げながら本機構理事長の石井京子が解説する1冊です。大人の発達障害を生かして働くためのスキルと心得をまとめた、支援者・管理者に向けて執筆された必携本。
『平成26年度第1回雇用環境整備士資格(第T種〜第V種)講習会』質問と回答
当日受講者からの質問と回答を公開いたしました。
『平成25年度第2回雇用環境整備士資格(第T種〜第V種)講習会』質問と回答
当日受講者からの質問と回答を公開いたしました。
発達障害の人の面接・採用マニュアル販売開始
人事担当者が発達障害の人を採用するために準備すべき課題と面接を行う際の注意点・質問例を中心に解説したシリーズ第4弾。人事担当者のみならず、障害者雇用に関わる役職員・管理者・総務担当者に向けて、実際の面接・採用の場面における当事者の事例を取り上げながら指南する雇用主に向けて本機構理事長の石井京子が解説する1冊です。人材を採用する立場である企業役職員が知っておくべき知識・役割等をまとめた、企業の人事労務部課局に向けて執筆された必携本。
『平成25年度第1回雇用環境整備士資格(第T種〜第V種)講習会』質問と回答
当日受講者からの質問と回答を公開いたしました。
『平成24年度第2回雇用環境整備士資格(第T種〜第V種)講習会』質問と回答
当日受講者からの質問と回答を公開いたしました。
発達障害の人が働くためのQ&A
発達障害当事者および家族、支援者、企業の障害者雇用人事担当者にとって、発達障害の人が「働く」ために準備すべき課題、情報を一問一答形式で本機構理事長の石井京子が解説する1冊です。当事者、家族、支援者のための必携本。

発達障害 うちの子、将来どーなるのっ!?
講談社のウェブサイト『G2』に連載されていた発達障害の子を持つ漫画家ママ、かなしろにゃんこ。さんのコミックルポが単行本化されました。発達障がいを持つ子どもが高校や大学ではどんな支援が受けられるのか?、就職するためのポイントは何か?など、保護者として知りたい情報をご本人が各方面に徹底取材して、漫画としてまとめられています。取材協力で本機構理事長の石井京子が参加。
>>刊行物案内はこちら
『平成24年度雇用環境整備士資格(第T種〜第V種)講習会』質問と回答
当日受講者からの質問と回答を公開いたしました。
『ハローワーク新着案件サービス(無料)』をおこなっております
育児中であったり障害をお持ちでなかなかハローワークへ足を運べない方や、インターネット検索が苦手な人のために、毎週ハローワークの新着案件をお届けする会員・情報交流制度加盟員に向けたサービスです。
『発達障害の人のビジネススキル講座』販売開始しました
就職活動の進め方を解説し当事者から圧倒的な支持を受けた前作『発達障害の人の就活ノート』から1年。石井京子(本機構理事長)が内定から入社までに知っておきたいスキルを解説した当事者・家族・支援者へ向けた必携本。
『エクセル・ワードe-ラーニングシステム(無料)』公開いたしました
ご自宅に居ながらエクセル・ワードの全機能が習得できるe-ラーニングシステムを無料で何度でもご利用できる会員・情報交流制度加盟員にむけたサービスを公開しました。(育児中女性・障がい者・エイジレス向け)。
『育児中女性・障がい者雇用における現状と課題および関係法令解説と事例』講習会質問と回答
当日受講者からの質問と回答を公開いたしました。
育児・障がい・エイジレス対象者のための無料公開サイトのお知らせ
お仕事を探している育児中の女性の方、障害をおもちの方、就職活動をしているが年齢がご心配な方で、就職活動促進の一助としてご利用を希望される方を募集しています。



(社)日本雇用環境整備機構
東京都新宿区西新宿5-8-1第一ともえビル(オフィスタ内)
TEL.03-3379-5597 FAX.03-3379-5596

TOP | 機構概要会員制度 | 情報交流制度認定制度個人情報の取り扱い

Copyright(C) JapanEmploymentEnvironmentImprovementOrganization. All Rights Reserved.2010